読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言語遊戯

小説や詩や雑文やら言葉との戯れ( `ー´)ノ

だれだれの引用とかwww

だれだれの引用とか、大いなる権威が言ったこととか、もうどうでもいいんだよね。

 

そんなこと、世界中の大天才、思想家、著述家が正論を言い尽くしている。

 

じゃ、なぜ、そんな正論が世の中で通用せず、悪が表立って、弱者が蹂躙されているのか?というのが問題じゃないかと思う。

誰も戦争状態が悪いというのは分かっているはず。

それを誰かが行うのは利権、お金が欲しいからだろう。

 

お金のために、殺戮や暴動を煽っている勢力がいるという背景をなぜ指摘しない!

ほぼ民衆から生じたデモみたいないものは、アラブの春で、大いなる嘘として分かったことではなかったか?

 

だれだれが言っている!権威あるものが言っている!そんなことで大衆や無知な人々は、大きな気分になって、自分もその波の中の中心にいると勘違いするのかもしれないけれど、何かを国や誰かに求めることはその人が大いに暇だからやるのだろう。

一日一日が生きるのに精いっぱいな毎日の中で、何かを変えようなんて思うことさえもしない、できない、それが現実なんだと思う。

 

我々が知っている物語では、ダークヒーローを倒す正義の味方がいるんだけれども、世界中の独裁者が、国民を弾圧しようが、虐殺しようが、誰もそれを止める術を持っていないのをネットの記事やニュースで見れば、絶望するほど感じてしまうし、かといって自分には何もできず、いやはや日常でさえ、ふつうに過ごすことが精いっぱいなのに、どうして知りもしない他人にユニセフやら募金など、感情移入できるのだろう?いや、感情移入はできるさ、でもそれは、自分の中のヒロイックな部分に酔いしれているだけはでないのか?俺はこれをしていることで満足だ的な自己満足なのではないのか?

 

近くの人には感情移入できる、いやしていると錯覚しているだけなのかもしれない。遠くの人種も違う、国籍も違う人間に、どうやって何をできるのか?自分が満ち足りないのに、何を他人に対してできるのか?この狭苦しい、みみっちい自分を思うと悲して虚しいが、多分、これから先も自分は何もしない。悔しいが世界なんか変えることができない。自分自身も変えることができないのに。どうして他人や他者が存在する社会を変えること、一滴でもいい波紋を与えることができるだろう?なんてこと思いつきもしない。

20歳のころは自分の手で世界や自分自身を変えることができると思っていた。だが、挑戦してすべてうまくいかなかった自分は、40歳を超えて、ああ、やっぱり勘違いしていたんだなあと思った。自分の器がこんなに狭くて、能力も無く、手持無沙汰であることに。

ニーチェ、ジョンスチューアート・ミル、ハイデガープラトン、(世界の名著的な本ほとんど)や、カール・ポパー、いろんな哲学者や文学、歴史書をたくさん読んだけど、それを引用して何かを書いたとして、何かが変わっただろうか?

ただただ、ああ、正論だな~とそう思うだけで、社会では、世界では、いまだにこの正論はほとんど使われず、悪が蔓延っている。

誰もその悪を取り除くことはできず、解決策は今までの手法では対応できないのではないかと思う。

ブレイクスルー。それを突破できる、思考法。

そう、もう誰かの権威を引用するのではなく、だれだれの経験をシェアする時代。

それが世界をよりよくすることであると信じたい。